日常生活で意欲がわかない。ひょっとしてそれ、危ないサインかも!?

セルフチェックをしよう

ハートと聴診器

まずはセルフチェックしよう

うつ病には、様々な種類の物があります。しかし、どの種類のうつに陥ってしまっているのか、自分では分からない場合もあるはず。その際はぜひ、セルフチェックを行ってみるのもおすすめです。特に、分かりやすい兆候が仕事だけでなく、趣味などに対する意欲がわかないという兆候です。しかし、憂鬱だなとただ感じるのとうつ病というのは、かなり違いがわかりにくいものです。ですので、意欲がわかない、憂鬱な気分が大体2週間以上続く、憂鬱になるたびに仕事、生活に支障をきたしているようであれば、真っ先にうつ病を疑ったほうが良さそうです。一般的に私達人間が意欲がわかない、などと憂鬱な気分になるのは、4月の新生活の時期や5月の大型連休などの後の時期が多いようですが、それに関わらずに長期でずっと憂鬱、それに伴う不眠が続いているようであれば、うつ病の可能性はかなり高くなっていると考えていいでしょう。それだけではなく集中力の低下や自分はいらない人間などと感じる、といった事が起こっているようであれば、間違いなくうつ病だと思ったほうが良いでしょう。早期であれば、認知行動療法などでも治療の効果は得られます。また、近年は仕事が原因でうつに陥る方も増えています。仕事に対する意欲がわかないといった事が長く続いている場合も、うつ病の可能性が高いです。このように、うつ病は普段から兆候が出てくるものです。セルフチェックをしっかりとし、うつ病かな?と少しでも思ったらすぐにカウンセリングなどに行ってみると良いでしょう。

うつ病の種類

うつ病の種類はいくつかあります。主に2つの種類に分けられます。「単極性うつ病」と「双極性うつ病」です。単極性うつ病は、一方的に落ち込み続けるうつ病です。ずっと気分が沈んだ状態で、睡眠障害などを引き起こします。双極性うつ病は、うつと躁状態を繰り返し起こすうつ病です。落ち込んだと思ったらすごい元気になって活発になったりします。この双極性うつ病は、気分の上がり下がりが激しいものと軽いものがあります。なのでなかなか自身では見落としがちになるので、周囲の人が気にかけて上げることが大切です。特にこの双極性うつ病は女性は男性の1.6倍の確率で起こると言われています。他にも、季節型や産後うつなどがあります。季節型は、ある季節になるとうつを発症し次の季節に移り変わると徐々に回復していくというタイプのうつもあります。産後うつは出産することで、ホルモンの関係や子育てに関する心配、産後疲れや授乳などでしっかり睡眠がとれないことで起こることがあります。
うつ病は、うつの種類、うつのレベルや現れ方も考慮して治療が行われますから、「そのうち治る」と安直に考えないで必ず専門機関を受診しましょう。

Copyright© 2019 日常生活で意欲がわかない。ひょっとしてそれ、危ないサインかも!? All Rights Reserved.